シーリング工事

■意外と知られていない?シーリングの種類!

実はシーリング材にはいくつか種類があります。
それぞれ特徴が異なり、もちろん施工箇所や用途も異なるので、まずはどんなものでどんな特徴があるのか確認してみましょう!

○シリコン
ホームセンターでも販売されているほど、コストパフォーマンスに優れています。
ただし注意が必要なのは、シリコンを充填した上に塗装ができないということ。
簡単に手に入るため、ご自身で施工される方も多くいらっしゃいますが、塗装をしたい場合には一旦除去する必要があるため、量によっては余分に撤去代がかかってしまうことも……。

○変成シリコン
硬化後、上からの塗装は可能ですが、塗料によって若干のはじき・ベタつきが発生する場合があります。
しかし対候性・非汚染性・柔軟性に優れ、金属類への使用ができるという点もポイント。
ちなみにサイディング仕様の家の目地に使われているシーリング材は、ほぼこの変成シリコンです。

○ウレタン
耐久性バツグンのシーリング材。
硬化後は弾力性に富むため、外壁補修などにも利用されます。
ウレタンそのものは紫外線に弱いため、露出した目地やガラス周りに使えないという点に注意。

○アクリル
湿った箇所にも施工可能!
主に新築のALCパネル目地などに使用されますが、残念ながら耐久性に欠けます。
リフォームなどではほとんど使用されることがなくなりました。

○ポリファルサイド
表面にホコリやゴミが付着しにくいという特徴があります。
一般建築物の外装タイル目地やサッシ周りなどに施工されますが、独特のにおいが懸念点。
柔軟性はあまりないため、金属類への施工には適していません。

■シーリング工事が必要なのに放置してしまうと……?

大切な家を守るためにはメンテナンスが欠かせません。
シーリングの劣化を放置してしまうと、以下のような危険があります。

□ シーリングの劣化から雨水が内部へ侵入してしまう
□ 雨水を含んだ建材にカビが発生する・腐食が進む
□ 建物全体の強度が弱くなり、最悪の場合倒壊の危険性がある
□ カビの発生により健康被害を招く

このように雨漏りの危険性がある他、わたしたちの健康被害を招きかねない事態となってしまいます。
シーリングの劣化も放置せず、気になる箇所があれば当社までご相談ください!
当社はどんなシーリング工事にも対応可能です!

一覧ページに戻る