屋根塗装

■深刻なダメージになる前に定期的な塗り替えを

普段じっくり見ることが少ない屋根。
だからこそ、劣化症状を見逃しやすい箇所です。

屋根は自然環境からのダメージを受けやすいところ。
外壁の塗膜が劣化している場合は、屋根も同様かそれ以上と考えておきましょう。
もし屋根材や下地へ深刻なダメージが発生してしまうと、塗装だけでの修繕が難しくなってしまいます。

いずれにしても、傷が浅いうちに対処しておくのがベスト!
定期的に塗り替えることで、大規模な修繕が必要となる前に劣化を食い止めることができます。
下地が傷んでいる場合は、きちんと補修を行った上で塗装を施しますのでご安心ください。

見えない部分も丁寧に。
施工実績豊富な当社が、安心できる塗装をお届けいたします。

■屋根に使える一般的な塗料の種類

※グレードが高いものほど高価格で高品質です
※立地環境や塗料の種類で耐用年数は前後します
※その他気になる塗料があれば、お気軽にお尋ねください

○アクリル塗料
【期待耐用年数:5~7年 グレード:★☆☆☆☆】
・アクリル系樹脂が主成分の塗料
・高温でも変色しにくい
・艶、なめらかさが抜群
・耐用年数が短い(こまめな塗り替えが必要)

○ウレタン塗料
【期待耐用年数:8~10年 グレード:★☆☆☆☆】
・ウレタン系樹脂が主成分の塗料
・塗膜がやわらかいため、付帯部への塗装も可能
・現在、大々的にはあまり使われない

○シリコン塗料
【期待耐用年数:10~15年 グレード:★★★☆☆】
・シリコン系樹脂が主成分の塗料
・耐久力が抜群で現在の主流
・光沢保持率が高く、美観が長持ちする塗料
・塗料の中で一番主流の塗料

○フッ素塗料
【期待耐用年数:15~20年 グレード:★★★★☆】
・フッ素系樹脂が主成分の塗料
・高価格だが、耐久性や対候性は折り紙付き
・主に大型建造物に使用されるなど、信頼が厚い塗料
・戸建てでは、自然から受けるダメージの大きい屋根に使用される例もある

○遮熱塗料
【期待耐用年数:15~20年 グレード:★★★★★】
・太陽光による熱を反射させ、室内に通さない塗料
・涼しい室内環境を維持でき、節電に期待ができる
・熱による外壁材、屋根材の劣化を防ぐ
・ヒートアイランド現象の抑制に貢献できる
・施工時に補助金の給付ができる場合がある(各自治体に要相談)
・高価格かつ、カラーによって遮熱効果に違いがでる
・塗膜が汚れると遮熱効果が鈍くなる
・遮熱機能ゆえ、冬場は寒くなりがち(寒い地域に適していない)

○断熱塗料
【期待耐用年数:15~20年 グレード:★★★★★】
・熱の伝わりを抑制し、室内の熱を外へ逃がさない塗料
・「夏は涼しく、冬は暖かい」空間が可能
・遮音、防音に優れる
・高価格かつ、カラーによって断熱効果に違いがでる
・機能が高いゆえ、扱いに塗装職人の技量が問われる

一覧ページに戻る