防水工事

■雨漏り・漏水を適切に防ぐ防水工事

防水工事といっても工法・工期は様々。
たとえば出入りの多いベランダは、歩行の安全性や環境対策を考慮した工法を。
通年屋外で風雨にさらされる屋上は、耐久性を重視した工法を。

当社では、そこに住むお客様の快適性や生活を考えた施工法をご提案いたします。
快適な防水環境を維持し、これからの生活に雨漏りの不安がないようにしておきましょう。
ウレタン防水・FRP防水・シート防水など、各種防水工事はおまかせください!

■半数近くのシェアを獲得!ウレタン防水

現在国内で行われる防水工事の半数近くを占めるウレタン防水。
ポリイソシアネートを主成分とする主材+ポリオールを主成分とする硬化剤の化学反応で硬化させる工法です。

○ポイント
・液体なので凹凸のある場所、複雑な地形でも施工が容易
・つなぎ目のない美しい塗膜を形成
・軽量なため、建物への負担がほぼない
・短工期かつ安価で施工ができる
・他防水材料との組み合わせ可

ウレタン防水はこれといって目立ったデメリットがありません。
強いてあげるなら人の手で施工するため、完全に均一な塗膜を形成するのが難しいという点でしょうか。
しかしこれも専用の機材を用いることで、ある程度解決ができます。
定期的にトップコートを塗り替えることで、紫外線などの外的要因から長期的に建物を守ることが可能です。

■強靭度はトップの性能!FRP防水

繊維強化プラスチックを主原料とするFRP(Fiber-Reinforced Plastics)防水。
耐久性と施工性に優れるため、近年急速に需要が伸びている工法です。

○ポイント
・強靭、耐水、耐食、耐候性に優れる
・被覆防水層という重歩行や車両走行に耐える防水層を形成
・硬化速度が速く、短工期
・屋上駐車場やプール、水槽などにも施工される

とくに硬化速度が速く、塗り重ねたとしても一日~二日での施工が可能。
また施工性が高いため、一般家庭ではベランダに施工される例が多いのも特徴です。

■デザイン豊かなシート防水

シート状に成型した合成ゴムや塩化ビニール樹脂の防水シートを、接着剤で下地に貼り付ける工法。
ゴムシートと塩ビシートそれぞれに特徴のある防水工事です。

○ゴムシート防水
・ゴムの伸縮性を活かし、下地に亀裂がある場合でも柔軟に追随する
・短工期かつローコスト
・軽量であり、木造建築への施工が可能

○塩ビシート防水
・オゾンに強く、対候性や耐熱性に優れる
・鳥のついばみによる鳥害を受けにくい
・耐摩耗性が高いため、保護層なしの軽歩行が可能

どちらも短工期かつローコストで耐久性も高く、主に屋上での施工が多いシート防水。
下地に貼り付ける工法のため、施工場所が平らでないといけませんが施工性に優れます。
また色や模様がプリントされたシートも多く、様々なテクスチャを楽しめる点も特徴です。

一覧ページに戻る