失敗しない塗装のために、知っていただきたいこと 塗装の基礎知識

失敗しないための塗装会社を選ぶ3つのポイント

塗装成功の可否は 塗装会社選び で決まります!!塗装をする時に始めに知っておくべき知識

塗装の必要性に関して

「何で塗装しないといけないのか」と思っている方が多いかと思います。
実際に塗装は、外壁、屋根の色を塗り替えるだけではないです。
塗装には、「耐久性を伸ばして住宅の寿命を伸ばす」「美観性を新築のようにキレイにする」といった2つの目的があります。
お家の美観性はもちろん、お家の外壁・屋根は日々の雨や風・太陽光・紫外線などの自然環境に晒されていますので、外壁・屋根の劣化も見えないうちに日々進んでおります。
お客様の大切なお家に、より長く快適に過ごしていただくために定期的にメンテナンスや修繕が必要です。

オペレーター

相談・診断・見積は無料です!!お気軽にご連絡下さい。

電話でお問い合わせの方はこちら 0120-991-940受付時間 10:00~17:00 (水曜定休)

来店予約でQUOカードプレゼント ショールームへ行こう! お気軽にご相談ください お見積り依頼はこちらから

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

尼崎市の皆様へ
外壁塗装・屋根塗装を検討されている方に知っていただきたいこと

塗装が初めての方に知っていてほしいこと

塗装ってなんでしないといけないの?
そう思われている方も多いかと思います。
一般的に、塗装は色を塗り替えるだけだと思われている方も多く、なかなか認知されていない業界でもあります。

しかしながら塗装には、「塗料による外壁のコーティングで住宅の耐久性と寿命を伸ばす」「様々な塗料を使用して新築の様な見た目、タイル柄、木目柄といった美観性を再現する」といった2つの目的があります。
また、外壁の塗装は内装のリフォームよりも行われる方が多く、塗装プランや施工方法など様々ございます。
初めての塗装で失敗をしない様にも、外壁塗装に特化した専門家に相談を行うことが良いです。

失敗しないための塗装会社を選ぶ 3つのポイント

POINT 01施工実績のある会社を選ぶ

施工実績は、お客様からの信頼の証拠です。施工技術次第で仕上がり・耐久性に大きな差が出ます。
施工実績の多い会社であれば職人歴が長く高い塗装技術を持ったベテラン職人による安心の施工を受けることができます。
また、塗装の専門家による診断結果や状況・工程等において丁寧な説明を受けることができ、過去の豊富な施工事例を基にお客様のニーズに沿った最適なプランの提案を行うことができます。
施工実績が豊富で創業年数が長い会社であれば、確かな施工技術と提案力でお客様の期待に応えることができます。

塗替え太郎の施工事例はこちら

POINT 02表彰実績のある会社を選ぶ

施工実績はお客様からの信頼の証拠と言えば、表彰実績は塗装メーカーさんからの信頼の証拠と言っても過言ではありません。塗料メーカーさんから表彰をもらうために、使用した塗料の缶数はもちろん必要ですが、施工の品質も塗料メーカーさんに見られています。そのため、表彰実績を持っている塗装会社さんは、施工の技術力も認められています。
また、塗料メーカーさんに信頼されている塗装会社は、塗料の仕入れ単価がほかの塗装会社と違う場合もございます。

塗替え太郎が選ばれる理由はこちら

POINT 03地域密着会社を選ぶ

塗装をする際は、地域密着会社を選ぶことをお勧め致します。
なぜなら、お住まいに何かあったときの対応スピードが早いからです。
会社とお客様の距離が近いため、外壁の剥がれや痛み・雨漏りなどの緊急事態でもすぐに駆け付けることができます。
また、地域によって気候はそれぞれです。
どれだけ丁寧に施工をしたとしても、気候・湿度等の外部環境によって、施工不良が起こり得ます。
その為、その地域の気候を熟知している地域密着の塗装会社を選ぶことをおすすめします。

塗替え太郎のショールームはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました

ご不明な点等ございましたら、お気軽に一度ご相談ください!

塗替え太郎
外壁塗装&屋根塗装専門店塗替え太郎 代表 榎本 圭祐

最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございます。 失敗しないための外壁塗装・屋根塗装のチェックポイントをお伝えさせていただきました。

もし分からない事やご不明点などございましたら、塗替え太郎までお問合せください。相談に乗ったからといって、強引な営業は絶対に行ないません。そのように塗替え太郎の社内で教育しております。もしそのような事があった場合には、弊社(0120-991-940)までお声掛けいただけますと幸いです。

これからも兵庫県尼崎市の外壁塗装&屋根塗装専門店 塗替え太郎をどうぞ宜しくお願い申し上げます。